査定価格は高いほうが良いのか?

5f6e23271ce6e42f6d35c3e7308a023a_s

 

 

 

 

 

不動産を売ろうとした時に、
気になるのはやはり「価格」です。

その為、売却を検討する際、
物件の査定を近くの不動産屋さんに依頼したり、
最近ではインターネット上で複数の会社に依頼できる
「不動産価格査定サイト」がありますので、
気軽に自分の不動産の査定を依頼することができます。

その際に気を付けて欲しいのは、
「査定額は高ければ高いほど良いのか?」というコトです。

不動産の売却を検討している方からすれば、
何社かに査定を依頼して、
一番高く評価してくれた業者に対して、

「自分の家を高く評価してくれた」
「この会社は高い価格で売れる営業力がある」
「独自の売却方法があるに違いない」

と思うかもしれません。

しかし、不動産の査定価格というのは、
「この価格で必ず売れますよ」という
保証されたものではありません。

あくまでも過去の取引事例や地価公示価格・路線価、
現在の市場の動向などを元に算出する参考価格になります。

残念ながら業者によっては、
売却の依頼が欲しいが為に、
本来の査定価格とはかけ離れた
高い価格を提示してきます。

なぜなら、
高い査定価格を出せば、
売り主様が喜ぶコトを知っているからです。

しかし、本来の市場価格と
かけ離れた価格で売り出した物件は
正当な評価を受けません。

買い手は、市場の物件を常にチェックしていますので、
「この物件高いなぁ~」
「これならまだ待ったほうが良いさぁ」
と感じて、見送ってしまうのです。

やがて、価格が高いコトに気づき
価格を下げざるを得なくなります。

相場の価格で売れればまだ良いのですが、
一度見放された物件は、
売れない物件の烙印を押されてしまい、
相場価格よりも下回る価格で売らなければならない
ケースも出てきます。

なので、査定価格は、
価格の高さだけではなく、
その価格の根拠や過去の取引事例などをしっかりと
業者に確認した上で、売却の依頼をすべきです。

がじゅ

 

 

 
がじゅまる不動産 icon-phone 098-851-8369
(営業時間:8:30~19:00)